記事詳細

美容室の差別化とは?? 2019.10.01

美容室の差別化とは??

美容室のメニューは、基本的に同じような内容を取り揃えているサロンがほとんどです。

その中で、自社の強みをアピールし差別化を図ることは至難の業です。

しかし、そんな中でも発想一つで新しい道が見つかるかもしれません。

 

  金額勝負

商売での薄利多売の精神は基本となっていますが、サロンでの多売は可能なのでしょうか。

一回の施術に個人差があり、回転率も求めるとなるとそれなりの規模の店舗を用意し、人材も確保しなければなりません。

では、客単価を高く設定し、高級志向へ向けた場合どうなるでしょうか。

もちろん客単価が上がり一定のリピート率を確保できれば売上の向上は見込めますが、人件費や材料費等のリスクが生じます。

 

 差別化勝負

高価格帯で勝負する場合、しっかりとしたリピート率、スタッフの定着率がとても重要になります。

そこで、高価格帯が前提のメニュー(髪質の改善など)を用意し、それに特化した環境、従業員を整え地域で差別化を図るなど策を考える必要があります。

スタッフに関しても、毎日の余裕を持った労働環境や生活の安心感を提供してあげることも、とても重要になってきます。

 

差別化に求人力!!

もちろん従業員満足度の向上は、お客様に提供する価値に直結してきますし、また新たな優秀な人材の確保にも繋がります。

「人」が中心となり、キーとなる仕事だからこそ同じベクトルに向かって頑張れるスタッフをどう集め、そして定着させるか。そこに重点を置きましょう!

関連記事

  • 人間の【5大欲求】と美容師さんの離職率について
    2021.07.24

    人間の【5大欲求】と美容師さんの離職率について

    ただでさえ人材不足が激しい美容師業界、 せっかく入ってくれてmやっと戦力になってくれたあたりで 「やめます」ってなったら、また採用や育成で大変ですよね(;’∀’) 美容師さんが離職する理由はもちろん様々な理由があると思いますが、 今回は「人間の5大欲求」に絡めて分析してみたいと思います。

    続きを読む
  • 美容室の新卒採用について
    2021.05.19

    美容室の新卒採用について

    美容室で新卒採用する際に、どのような動きをすればよいのか。 現在の、新卒採用市場は「売り手市場」、つまり新卒や求職者(売り手)が就職先を選べる立場にあります。 どういうことかと言うと、現在20数万店ある美容室に対し、毎年約15000~17000人の美容師免許取得者が求職をします。 一人当たりで考えると、新卒生は10~20社の美容室を選択できるわけです。 優秀な人材を確保するためには、美容室側はどのような動きをすればよいのでしょうか?

    続きを読む
  • 【美容室経営の基本】人材確保と定着を安定させるためには?
    2021.04.01

    【美容室経営の基本】人材確保と定着を安定させるためには?

    開業するにあたって、美容室の人材確保や定着に繋がる待遇と労働環境。今回は、労働環境についてお話ししたいと思います。

    続きを読む
お問い合わせはこちら

新着記事

  • NEW 2021.07.24

    人間の【5大欲求】と美容師さんの離職率について

    続きを読む
  • NEW 2021.05.19

    美容室の新卒採用について

    続きを読む
  • NEW 2021.04.01

    【美容室経営の基本】人材確保と定着を安定させるためには?

    続きを読む
  • NEW 2021.03.09

    開業資金を抑えられるテナントのリースとは??

    続きを読む
  • NEW 2021.01.15

    美容室の集客!効果的なブログの書き方とは

    続きを読む

今月の人気記事

  • 2019.11.11

    注目の『シェアサロン』業務委託とどう違うの??

    続きを読む
  • 2021.03.09

    開業資金を抑えられるテナントのリースとは??

    続きを読む
  • 2020.10.07

    【美容室の集客】SNSなどのデジタルツール販促での3つのポイント

    続きを読む
  • 2017.08.20

    美容院の独立開業に必要なことと愛されるお店になるためには??

    続きを読む
  • 2020.02.15

    美容師として独立、開業を目指す方に人気の『シェアサロン』とは??

    続きを読む