記事詳細

雇用調整助成金 新型コロナ特例とは? 2020.04.23

雇用調整助成金 新型コロナ特例とは?

新型コロナウイルスの影響により、一時的な営業時間の短縮や休業を強いられているサロンも増えているのではないでしょうか。
今回は、厚生労働省の実施する雇用調整助成金の特例処置についてお話します。

☆ 雇用調整助成金とは?

雇用調整助成金は、経済上の理由により会社の業績に悪影響があった場合に、事業主が一時的な雇用調整(休業、教育訓練または出向)を行うことによって、従業員の雇用を維持した場合に助成金が支給される制度です。
この制度は、厳しい経営状態の中でもスタッフを雇用し続けるためにあります。

☆ 新型コロナ特例処置で変わる部分とは?

今回は、新型コロナウイルスの影響によって急速に事業活動が縮小してしまう恐れのある事業所の雇用を守る目的で、助成率の引き上げや、対象となる事業者や従業員を拡大するなどの特例処置が実施されます。
特例による拡張部分を見てみましょう。

① 対象事業者
雇用保険適用で新型コロナウイルスの影響を受ける会社・個人事業主

② 対象従業員
雇用保険被保険者ではない(正規・非正規を問わない)労働者も対象

③ 助成率
中小企業は4/5 大企業は2/3
*従業員を解雇しない場合は、中小企業は9/10 大企業は3/4

④ 生産指標要件(売上など)
直近1ヶ月の売上高などが同5%以上減

⑤ 計画届の提出
事後でも可

⑥ 緊急対応期間
令和2年4月1日〜令和2年6月30日

☆ 申請について 

申請については社労士に相談するとスムーズです。
ご自身で行う場合は、厚生労働省のホームページから申請書をダウンロードの上、最寄りの労働局またはハローワークに申請します。

こうした特例措置は状況によって内容が大きく変わる可能性もあります。
さらに詳しく知りたいという方は、厚生労働省ホームページで公開されている情報をご確認ください。



☆ 関連情報


コロナ対策 「助成金無料相談窓口」
https://www.youtube.com/watch?v=MBHxZO8jKxY 


関連記事

  • フリーランス・個人事業主の美容師が加入できる保険とは?
    2024.06.26

    フリーランス・個人事業主の美容師が加入できる保険とは?

    雇われていたときには、意識しなくても加入している健康保険。 フリーランスや個人事業主の美容師として独立する際には、「健康保険はどうしよう」と不安になるかもしれません。 フリーランスや個人事業主の美容師が加入できるのは国民健康保険だけなのでしょうか。 今回は、美容師が加入できる保険についてご紹介します。

    続きを読む
  • 美容室にオススメの助成金とは?
    2023.11.15

    美容室にオススメの助成金とは?

    様々な種類がある助成金。上手に活用して美容室の経営に役立てたいですね。 今回は、美容室で活用できる助成金についてご紹介します。

    続きを読む
  • 美容室にオススメの補助金とは?
    2023.11.08

    美容室にオススメの補助金とは?

    「美容室経営に活用できる制度はないかな?」と考えている方もいるのではないでしょうか。 今回は、美容室を開業・経営しようと考えている方におすすめの補助金について詳しくご紹介します!

    続きを読む
お問い合わせはこちら

新着記事

  • NEW 2024.07.17

    空間づくりで活用できるカラーコーディネートのコツとは?

    続きを読む
  • NEW 2024.07.10

    指名客を増やすためにできることとは?

    続きを読む
  • NEW 2024.07.03

    美容室開業後に成功する人の共通点とは?

    続きを読む
  • NEW 2024.06.26

    フリーランス・個人事業主の美容師が加入できる保険とは?

    続きを読む
  • NEW 2024.06.19

    解説!集客に役立つマーケティング戦略とは?

    続きを読む

今月の人気記事

  • 2023.07.12

    美容室の開業!何にいくらかかる?

    続きを読む
  • 2023.03.08

    美容室を開業したい!時期によって必要な準備とは?

    続きを読む
  • 2024.03.08

    美容室の働き方改革!美容室の生産性を上げるには?

    続きを読む
  • 2024.03.15

    平日の集客が驚くほどアップする具体策とは?!

    続きを読む