記事詳細

美容室経営を成功させるために今日からできる3つの取り組み 2024.01.09

美容室経営を成功させるために今日からできる3つの取り組み

自分の美容室をオープンするという夢を叶えた後は、経営を軌道に乗せて美容室を長続きさせていきたいですね。
店舗を経営するには美容師としての技術とは別に、集客やお金の動きに関する知識が求められます。
しかし、いざ経営を始めてみると、店舗をどう切り盛りしたらいいのかわからない、と悩む方も多いのではないでしょうか?
今回は、経営者として今すぐ始められる取り組みについて解説します。

☆売り上げや経費・目標年収など経営に関する数字を把握する

毎月の売り上げやかかった経費は、概算ではなく正確な数値で把握することが重要です。
日にちが経過するほど具体的な状況把握が難しくなるため、1日の営業が終了するごとに、出納帳や会計アプリに売り上げと支払経費だけでも登録しておきましょう。
新規・リピーターそれぞれの来店客数やメニューごとの利用数、月ベースの売上累計などもとりまとめておくのも効果的です。
売り上げや経費といった数値を正確に把握することで、経営課題の把握はもちろん集客戦略の立案、適正な料金設定が行えて、
店舗経営の改善につながります。さらに、人件費や広告費・家賃など毎月かかる固定費も正確に把握しておきましょう。

☆セミナー参加や経営本などで勉強をする

経営課題を解決するアイデアをゼロから考え出すのは、非常に難しいです。
解決すべき課題を見つける方法がわからない時もあるでしょう。
業務の合間に経営に関する本を読んで勉強すれば、経営に関する知識が身に付き、今まで気づかなかった課題に気づくことができます。
一般的な経営本であっても美容室経営への応用は可能です。美容業界だけでなく、地域経済や他業種のトレンドに目を向けると、店舗運営の新たなヒントが見つかるかもしれません。
また、先輩のオーナー美容師に店舗の現状を相談して、経営でつまずきがちなポイントや成功事例に関するアドバイスを受けるなど、第三者の意見を取り入れるのも経営への理解を深めるのに有効です。

☆コンサルタントや専門職に任せる

経営者としての仕事は多岐に渡るため、自分一人ですべてをやり切るには限界があります。
美容師としての実務を行いながら、技術向上への勉強もするとなれば、時間も足りません。
店客が増えたら他の美容師を雇うのと同様に、経営に関してもプロの力を借りるのが店舗を円滑に運営するコツです。
美容室専門の経営コンサルタントもいますので、経営上の数字をすべて見てもらうことや、一任することも可能です。
部分的にお願いする場合でも、たとえば税理士に店舗の収支に関する帳簿を作ってもらったり、
社会保険労務士に従業員の労務管理に関する相談をしたりすることで、経営者の負担が減ります。
プロに任せた後にできた時間を、集客や店舗運営の戦略を考える時間に充てましょう。

☆まとめ

美容室の経営を成功させるには、美容師の技術とは別に経営に関するスキルも磨く必要があります。
顧客数や客単価の減少への対策としては、顧客ニーズをきめ細かく把握した上での集客戦略や、オーナー美容師の人間性を売りにした差別化戦略が有効です。
自分の店舗が抱える経営課題を明確化するために、本を読んで勉強したり先輩のオーナー美容師に相談したりするのが効果的です。
また、黒字経営の実現に向けて、税理士などの専門家の力を借りて売り上げや経費といったお金の動きについて理解を深めるのも一つの経営戦略といえます。
お店の状況を改善するために、今できる行動から始めてみましょう。

関連記事

  • 美容室経営を成功させるために今日からできる3つの取り組み
    2024.01.09

    美容室経営を成功させるために今日からできる3つの取り組み

    自分の美容室をオープンするという夢を叶えた後は、経営を軌道に乗せて美容室を長続きさせていきたいですね。 店舗を経営するには美容師としての技術とは別に、集客やお金の動きに関する知識が求められます。 しかし、いざ経営を始めてみると、店舗をどう切り盛りしたらいいのかわからない、と悩む方も多いのではないでしょうか? 今回は、経営者として今すぐ始められる取り組みについて解説します。

    続きを読む
  • 美容室の開業!何にいくらかかる?
    2023.07.12

    美容室の開業!何にいくらかかる?

    独立開業を考えている美容師の中には「開業資金といっても何にどれくらい必要なのか」と疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。 今回はテナント費や内装費など、美容室の開業で発生する費用について詳しく説明していきます!

    続きを読む
  • 解説!保健所で行う開業手続きの流れとは?
    2023.05.31

    解説!保健所で行う開業手続きの流れとは?

    いよいよ美容室開業となった場合、内装工事が終わればすぐ営業できると思ってしまいますが、実は開業するには保健所での手続きが必要です。 美容師は「髪」という体の一部を扱う業種で直接体に触れるため、衛生管理体制などが美容師法などで定められているのです。 今回は保健所での手続きの流れについてお話します!

    続きを読む
お問い合わせはこちら

新着記事

  • NEW 2024.07.17

    空間づくりで活用できるカラーコーディネートのコツとは?

    続きを読む
  • NEW 2024.07.10

    指名客を増やすためにできることとは?

    続きを読む
  • NEW 2024.07.03

    美容室開業後に成功する人の共通点とは?

    続きを読む
  • NEW 2024.06.26

    フリーランス・個人事業主の美容師が加入できる保険とは?

    続きを読む
  • NEW 2024.06.19

    解説!集客に役立つマーケティング戦略とは?

    続きを読む

今月の人気記事

  • 2023.07.12

    美容室の開業!何にいくらかかる?

    続きを読む
  • 2023.03.08

    美容室を開業したい!時期によって必要な準備とは?

    続きを読む
  • 2024.03.08

    美容室の働き方改革!美容室の生産性を上げるには?

    続きを読む
  • 2024.03.15

    平日の集客が驚くほどアップする具体策とは?!

    続きを読む